スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
コンジュラーが戦争を変える?
カテゴリ: 09/06/01以前の記事 / テーマ: パンドラサーガ / ジャンル: オンラインゲーム
今から書く事は俺の妄想なので、そこを踏まえて読んで下さい。



コンジュラー専用魔法ドランスポート、メモライズ。 

この二つの魔法が今後の戦争に大きく変わるのでは?と思うのです。

現在の戦争の仕様で説明しましょう。

現在の戦争は本体+別部隊(1部隊?2部隊?3部隊?)国によっては違うと思いますが

こんな感じで構成されてるのではないでしょうか?

現在ワープ施設が3方向6箇所あります。

しかしメモライズをする事によってワープ施設を使わずに敵国へ進入出来てしまうと言う事です。

まずメモライズをする為に本体に入り敵国へ攻めます。塔を捕獲する時に攻めると思いますが

ついでに敵国塔地点(出来たら敵国奥)にメモライズします。

後半の攻めでトランスポートを使いメモライズ場所へ飛び塔を破壊。

逆転勝ちの夢もあります。

が!

トランスポートはワープゾーンの様に大きな扉が出てその場所にワープするのか、

それとも自分が組んでいるPTだけワープするのか、

ただ単に自分だけが飛ぶのか・・・・そこが一番の疑問点であります。


もし仮にワープゾーンの様な大きな扉が出るのなら・・・

これはまさしく大きな武器になります。 

トランスポートで出した扉からメモライズ場所へ飛び、敵国の塔を破壊。

もし自分が所属してる国が1000点以上リードしていたとします。

その時でもトランスポートで飛んで他国の塔を3本確保で逃げるって言う手もあります。

もし1000点離れていた場合だとどうでしょう。

本体敵国の2国の塔へメモライズしておけば(2人か3人必要になりますが)

本体を2部隊に別け敵国の2国同時攻撃をする事も可能となる訳です。

もし自国に攻められた場合はトランスポートを出してみんなを敵国へ運ぶ

ペンシャントウォールで自国の塔の入り口を封鎖をして塔を守る。

こんな具合で時間稼ぎをする事も可能。


これ、指揮官が使えれるのならもっと面白くなりそうなんですよ。

何かあったらHP少ないので即死しますが「ワープドアが開いたから入って攻めろ~」とか

楽に誘導出来ますからね。



今後の指揮官は各職業が細かく別れた事により、職業の能力をフルに引き出し、

自国のメンバーはどの様な人材が今日は居るのかを把握して、攻めをその時に瞬時に

決めたら、より上手い具合に戦況を持っていけるはずと俺は睨んでおります。

しかも馬が追加されたので、移動が早く敵国塔へ攻めるのも早くなるはずです。

3次職・・・・思ったより複雑だと俺は思ってます。職業もそうですが戦争が複雑で。

指揮官は大変になりそうな予感だと俺は思います。


今度のこのゲーム面白くなるのか、それともダメになるのか・・・・

このテストが正念場な予感が俺はします。

運営には頑張って貰いたいものです。
スポンサーサイト
編集 / 2008.09.16 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
お願い!

初回にコメントをする方はお手数ですがURLの所にある【http】を消してコメントをお願いします。禁止ワードですと出て書き込み出来ない仕組みにしてあります。

リンクをご希望の方はコメントに【http】を外したURLをお載せ下さい。 

カウンター
プロフィール

彦ゑ門

Author:彦ゑ門
現在FF14に出撃中

右手には剣、左手にはカメラ
装備完了!

現在出撃中作品
FF14
 名前 未定 鯖 未定
タルタロス
 彦ゑ門(ガイア鯖 ロボ)
AION 
 彦ゑ門(伊豆鯖 魔族)
 課金切れ中
パンドラサーガ
 彦ゑ門(ファル鯖 連合)


出撃中止作品
プリウスオンライン
ドルアーガの塔
R2
ペーパーマン
SSの名前がある人は名前掲載の許可を取っている方です。
もし消し忘れなどが見つかりましたら、コメントにてご連絡して下さい。修正いたします。

LINK
AION関連リンク大募集中
著作権表示

タリタロス 

Copyright © 2009 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Copyright © WeMade Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved. 

Copyright © INTIVSOFT. All Rights Reserved.

 

AION 

The Tower of AION™ is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright © 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION™ in Japan. All rights reserved.

 

ブログ内検索
QRコード
俺のブログをいつでも携帯でチェック!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。