スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
戦争で勝つためには
カテゴリ: 09/06/01以前の記事 / テーマ: パンドラサーガ / ジャンル: オンラインゲーム
昨日の戦争はどんな感じだったのでしょうか?
出れなかったのが悔しく思います。

パンドラwikiで結果を見ました。塔こそ根こそぎ取られて居ますが、
昨日の勝利国帝国との差が310ポイント。
負けは負けですが、差があまり無い状態です。

攻められて最後負けたのか?追いつけなくて負けたのか?
俺には解りませんが、大きいハンデを背負った連合はもっとポイント差が出て
負けたと思っていました。
(どんだけ差があったんだろう?)

なになに今の連合勢いが凄いと思います。

そこで!

身勝手ですが戦争で勝利をする条件?って言うのを独自ですが考えてみた。

①戦争で勝つには、バランスの良い職業が揃う事。
正規兵に関しては職業別に抽選されているのだと思う。
「だから俺良く受かるな」って人はその職業が
その国には足りて居ないのかと俺は思っている。

②偵察部隊。敵国の本体の行動を把握出切る上、重要な存在。
現在連合には良い偵察さんが数名居るので凄く助かっている。
名前は出せないが、義勇でも正規でも体を張って情報をくれる。
名誉が欲しいなら義勇の時は出ないとかするが・・・俺の知ってるこの
偵察してくれる方は義勇でも偵察に出てくれて本当に頼もしい存在である。

③6月2日の戦争で、残り15分で2000Pの差を逆転され、
連合が超大敗をしたのを味わっている。
なので最後まで諦めない事。

④声の掛け合い。指揮官の合図だけでは他の人が見忘れなどがある。
引き際、攻め際の合図はその回りの人たちの声を掛け合いで
上手い具合に動けると思う。
どこどこへ撤退!と指揮官が出たら回りの人も白文字で良いので周囲に呼びかけ。
現在は白文字、青文字、赤文字全て敵国には送れない状態になってますから。
利用しましょう。

⑤指揮官。全体の行動の把握、文字打つ早さ、先を読む力、など。
もっとも重要な存在でもあり、指揮官が居ないとまとまらない。

こんな感じかな?

今俺(みんな)が出来る事はただ一つ。正規でも義勇でも戦争に出て、声の掛け合いをするだけ。
攻め際、引き際はもっとも重要です。
もし、前線が行き過ぎなら 「止まれー行き過ぎた!」と声を出し、
指揮官が撤退だ!って出れば前線を守り、気がついてない人がいるかも知れないので
声を掛け合い、みんなで一斉に撤退をする。
これが出来るのと出来ないのでは大きく変わると俺は思っている。

戦争はみんなで動いてみんなで攻撃する。一人一人の独自の力では無い。
一人一人助け合い、そしてみんなが持ってる職業の力を使い支えれば、2倍、3倍へと
大きく戦力は変わると俺は思っている。

戦争は一致団結である
スポンサーサイト
編集 / 2008.06.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
お願い!

初回にコメントをする方はお手数ですがURLの所にある【http】を消してコメントをお願いします。禁止ワードですと出て書き込み出来ない仕組みにしてあります。

リンクをご希望の方はコメントに【http】を外したURLをお載せ下さい。 

カウンター
プロフィール

彦ゑ門

Author:彦ゑ門
現在FF14に出撃中

右手には剣、左手にはカメラ
装備完了!

現在出撃中作品
FF14
 名前 未定 鯖 未定
タルタロス
 彦ゑ門(ガイア鯖 ロボ)
AION 
 彦ゑ門(伊豆鯖 魔族)
 課金切れ中
パンドラサーガ
 彦ゑ門(ファル鯖 連合)


出撃中止作品
プリウスオンライン
ドルアーガの塔
R2
ペーパーマン
SSの名前がある人は名前掲載の許可を取っている方です。
もし消し忘れなどが見つかりましたら、コメントにてご連絡して下さい。修正いたします。

LINK
AION関連リンク大募集中
著作権表示

タリタロス 

Copyright © 2009 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Copyright © WeMade Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved. 

Copyright © INTIVSOFT. All Rights Reserved.

 

AION 

The Tower of AION™ is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright © 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION™ in Japan. All rights reserved.

 

ブログ内検索
QRコード
俺のブログをいつでも携帯でチェック!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。