FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ロログ団発破隊連続殺人事件(第3章)
カテゴリ: 09/06/01以前の記事 / テーマ: パンドラサーガ / ジャンル: オンラインゲーム
第3章(第2の殺人)

彦ゑ門がヤスと出会い、1から再調査しようとした決意したその時だった。

彦ゑ門のもとに部下のmoramoraからウィスパーが送られて来た。

mora「警部!事件が起こりました。至急宿屋裏へ来て下さい。」

彦ゑ門達は現場に向かうと、そこには一人のエルフが倒れていた。

mora「お疲れ様です警部」

彦ゑ門「うむ、すぐに身元などの情報を教えてくれ」

mora「はい、所持品から被害者の男性はロログ団発破隊勤務 40歳エルフ 名前はサマンダ」

彦ゑ門「なに?ロログ団発破隊勤務だと?」

mora「そうです、数日前に死亡したラピンとクランが一緒です。」

彦ゑ門「・・・・・・死因などは?」

mora「鑑識に回して詳しい調査をしなければ解りませんが、外部の損傷も無く今回も毒での死亡と思われます。
所持品なども無くなっていませんので、前回のラピンの死と同様自殺の線が濃厚かと」

彦ゑ門は死体を見ながらmoraの調査報告を聞いている。

サマンダの死

mora「第1発見者の宿屋の主人に聞いてみたら、発見するまで争った声や物音などは聞いていない模様です。
近くをよく散歩しているアイテムボックス管理人も気がつかなかったようです」

殺害現場1

ヤス「これは前回のラピンの死と関係がありますね」

ヤスの一言でmoramoraがヤスの事を気がついた。

mora「警部、彼は?」

彦ゑ門「彼は数日前にあったラピンの死の調査を手伝って貰っている中央から来たヤスだ」

mora「まさかノイマン警視総監から?」

彦ゑ門「そうだ」

mora「この事件大きくなるって事ですか?今回の事件もたまたまクランが一緒なだけで自殺と言う線が濃厚と思いますが・・・」

彦ゑ門「現場や死因を見るとそうだが、動機が解らん。多分このエルフも死にたくて死んだ訳じゃない。
まずは、エルフの身辺調査からだそこから何か解るかもしれん。」

mora「了解しました、至急調べてみます。」

ヤス「今回も自殺と言う線で終わりそうな気がしますね。」

彦ゑ門「あぁ 何とか殺人事件と立証させて対策本部を建てなければ捜査に時間が掛かる。
しかし、どうやって殺害したんだ?犯人の目的は何だ?何も見えんぞ・・・クッ」



彦ゑ門の拳が壁に叩きつけられた。

事件の進展がしない苛立ちからか表情が険しい。その状況とは裏腹に犯人はあざ笑っている。

そして何も手がかりが見付からないまま第3の殺人が起こってしまった・・・・。





この物語はフィクションです。登場人物クラン名などはパンドラにありますが関係ございません。

誤字脱字&意味不明な内容は暖かい目で見守って下さい。


ねこちん、団長、カルピスへ私信

もうちょっと死体が欲しいです。SS撮影をするので時間が空き次第撮影をします。

経験地は減りませんので安心して死んで下さい。

マガちゃんへ私信

ちょっと画像を加工依頼をしたいけど~出来るかな?SSの画像はこちらで用意しますので。


思いつきのままスタートしたロログ団発破隊連続殺人事件・・・

何とか最後まで書き上げようと思います。
スポンサーサイト
編集 / 2008.10.12 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
お願い!

初回にコメントをする方はお手数ですがURLの所にある【http】を消してコメントをお願いします。禁止ワードですと出て書き込み出来ない仕組みにしてあります。

リンクをご希望の方はコメントに【http】を外したURLをお載せ下さい。 

カウンター
プロフィール

彦ゑ門

Author:彦ゑ門
現在FF14に出撃中

右手には剣、左手にはカメラ
装備完了!

現在出撃中作品
FF14
 名前 未定 鯖 未定
タルタロス
 彦ゑ門(ガイア鯖 ロボ)
AION 
 彦ゑ門(伊豆鯖 魔族)
 課金切れ中
パンドラサーガ
 彦ゑ門(ファル鯖 連合)


出撃中止作品
プリウスオンライン
ドルアーガの塔
R2
ペーパーマン
SSの名前がある人は名前掲載の許可を取っている方です。
もし消し忘れなどが見つかりましたら、コメントにてご連絡して下さい。修正いたします。

LINK
AION関連リンク大募集中
著作権表示

タリタロス 

Copyright © 2009 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Copyright © WeMade Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved. 

Copyright © INTIVSOFT. All Rights Reserved.

 

AION 

The Tower of AION™ is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright © 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION™ in Japan. All rights reserved.

 

ブログ内検索
QRコード
俺のブログをいつでも携帯でチェック!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。