スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ロログ団発破隊連続殺人事件 第5章
カテゴリ: 09/06/01以前の記事 / テーマ: パンドラサーガ / ジャンル: オンラインゲーム
前回までのあらすじ

ロログ団発破隊所属の3名が何者かによって殺害された。

その事件の真相を追う彦ゑ門。しかし未だに真相には追いつけない。

未だ闇の中に居る彦ゑ門一向。そんな彼らをあざ笑うかのごとくまたも殺人が起きてしまった。





第5章(加速)

3人目のドワーフの死亡により、ついに自殺から他殺へ方向転換し対策本部がヴァリクに出来た。

ドワーフの死も前回の2名と同じ成分の毒と言う結果が出た。

死亡したドワーフのポケットからある物が出てきた。

毛生え薬
毛生え薬である。

鑑識に調べた結果この毛生え薬から毒薬が検出された。

同様に再調査したラピンとエルフの2名の部屋から以下の商品から毒薬成分が検出された。

背を伸ばす薬

ラピン宅から背を伸ばす薬

美白ドリンク

エルフ宅から美肌ドリンク

これらのビンから毒薬と同じ成分が検出された。



彦ゑ門の推理だと、彼ら3名は何者かによってマインドコントロールされコレを飲んでいた。

品物も試供品、あるいはお試し品と言う具合に渡されたに違いない。

これを飲み続け死亡したと考えていい。

しかし死体がすべて外にあったのには疑問に残る。たまたまだったのか?あるいは・・・・

疑問が多いが、今はこれ以上被害が出ない事を考えなければいけない。

彦ゑ門「moraとヤスよ。残りのロログ団発破隊勤務のメンバーにこの事を話し、事情を説明して
     現在飲み続けている薬などあれば辞めるように伝えてくれ。」

mora&ヤス「解りました。」

今は事前に止めれる事を最優先に考え行動し手を打たねば。



そう考えてるのもつかの間・・・ついに第4の殺人がおこってしまった。



死体があるとの通報で駆けつけた彦ゑ門一向。

殺害現場3

今度はまったく犯行が違う手口であった。

死体を袋詰めにされ刃物で数箇所刺されていた。戦闘の様な争った形跡は見当たらない。

どこかに呼び出され、袋詰めされてここへ運び込まれたと考えていいだろう。

彦ゑ門「念の為、毒など体内から出るかもしれん。調べてくれ」

mora「解りました。それと警部」

彦ゑ門「(*'ω'*)......ん?」

mora「現在居る発破隊メンバーに聞き込みをした結果。
    やはり2ヶ月前程ですが商品サンプルを持って来てる人物が居たそうです。」

彦ゑ門「本当か?」

mora「はい。今居るメンバーは購入や試供品などをしてないようです。ですが死亡した3名は
    色々と貰っていた様子でした。」

彦ゑ門「・・・ヤスと共に残りのメンバーに会い、出来るだけその人物を思い出せて貰い似顔絵を
描いて来い」

mora「解りました」


少しづつではあるが見えてきた犯人。しかし犯行の手口からすると何か急いでる様にも感じられる。

何かが今すぐにでも起ころうとしている。

彦ゑ門は空を見上げる。

空には黒い雲があたり一面に広がっている。雨や台風が来るかのごとく。






この物語はフィクションであす!以下略!
スポンサーサイト
編集 / 2008.10.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
お願い!

初回にコメントをする方はお手数ですがURLの所にある【http】を消してコメントをお願いします。禁止ワードですと出て書き込み出来ない仕組みにしてあります。

リンクをご希望の方はコメントに【http】を外したURLをお載せ下さい。 

カウンター
プロフィール

彦ゑ門

Author:彦ゑ門
現在FF14に出撃中

右手には剣、左手にはカメラ
装備完了!

現在出撃中作品
FF14
 名前 未定 鯖 未定
タルタロス
 彦ゑ門(ガイア鯖 ロボ)
AION 
 彦ゑ門(伊豆鯖 魔族)
 課金切れ中
パンドラサーガ
 彦ゑ門(ファル鯖 連合)


出撃中止作品
プリウスオンライン
ドルアーガの塔
R2
ペーパーマン
SSの名前がある人は名前掲載の許可を取っている方です。
もし消し忘れなどが見つかりましたら、コメントにてご連絡して下さい。修正いたします。

LINK
AION関連リンク大募集中
著作権表示

タリタロス 

Copyright © 2009 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Copyright © WeMade Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved. 

Copyright © INTIVSOFT. All Rights Reserved.

 

AION 

The Tower of AION™ is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright © 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION™ in Japan. All rights reserved.

 

ブログ内検索
QRコード
俺のブログをいつでも携帯でチェック!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。