スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
3Dゲームを立体視で遊びたい その2
カテゴリ: 毎月PCパーツを買う男 / テーマ: 自作パソコン / ジャンル: コンピュータ
昨日の記事の続きです。

3Dゲームを立体視で遊ぶ為に必要な物


NVIDIA 3D Visionキット

3D Vision 対応ディスプレイ

互換性のあるNVIDIAグラフィックスカード 一応おk

Microsoft Windows Vista, Microsoft Windows 7 コア2以上CPUのPC


以上の4項目。



↓続きのページに思った事を書いてあります


項目順に思った事を書いて行こうと思う


まずNVIDIA 3D Visionキット

メガネと小さい赤外線が出る機械とデータのCDなどが入っているキット

映画館でXPAND(エックスパンディー)の方式みたいな感じで、

ディスプレイの下側か上側に設置してそこから赤外線が出て、

IRエミッター
↑IRエミッターと言うらしい かなり小さかった。

メガネに信号を送り左右交互で見せる仕組みの物らしいです。

価格は2万以上らしくNVIDIA自身が製造、販売をしているので

価格が直ぐに下がると言うのは難しいかもしれない。




ディスプレイ

NVIDIA 3D Visionを使用するには専用のディスプレイが必要である。

120Hzのディスプレイが必要で、現行で出ているディスプレイは

ほんのわずかしかない。

NVIDIA 3D Vision対応ディスプレイ機器 一覧

しかも、120Hzディスプレが今後出てくるが、注意しなければいけない点。

それは双方向(出力、入力)120Hzではないとダメな点。

出力が120Hzだけど、入力側が120Hzでは無いと言う液晶テレビが現行にあるので

もし今後ディスプレイを購入を考えてる人は非常に注意が必要である。

価格は現在3万以上確実で4万前後。

しかし、液晶の生産ラインは前にこのブログにも書いたと思いますが、

家庭用液晶テレビと、パソコン用液晶ディスプレイは殆ど同じ生産ラインに

乗っているので、120Hzディスプレイは家庭用が普及が進むにつれて下落して

行くと思われます。みんなが持っている現行の60Hzディスプレイも

非常に良いのですが、120Hzになるとより綺麗に映る事になります。

1年後ぐらいには、かなり普及して2万ぐらいで買えるぐらいにはなるのでは?と思っています。




互換性のあるNVIDIAグラフィックスカード

GeForce 8シリーズ
GeForce 9シリーズ
GeForce GTX200シリーズ とチラシには書いてありますが、

3Dゲームを遊ぶ為にはグラボのパワーは必要になってきます。

少ないパワーで遊べれる3Dゲームは沢山あります。

しかしNVIDIA 3D Visionを使用して立体視で見るには、右目用、左目用の映像1枚ずつ必要で、

その映像を一つにまとめ合わせてディスプレイに映し出し、

メガネで左右を交互に見せている訳です。

単純に通常の2倍のグラボのパワーが必要になるって事です。

デモ機でデビルメイクライのFPS数字を見ると、通常では60~80出る数字が、

NVIDIA 3D Visionで見ると30~40まで落ちていました。

となると・・・・快適に3Dゲームで遊びながら立体視で見るには

超最低限でもGTX260付近以上は必要なのでは?と身勝手ながら予測を立ててみました。

もちろん解像度を下げさえすれば良いのだと思います。

が・・・どうなんでしょうね?解像度を下げるぐらいだったら

通常で遊んだ方が良いかもと思っていたりも・・・。




Microsoft Windows Vista, Microsoft Windows 7 コア2以上CPUのPC環境

とありますが、グラフィックスカードの所でも書きましたが、

非常にパワーが必要である事は解ってるので

コア2付近の品物より、新しいコアi7やi5の高クロックCPUが非常に

有効だと予測が立ちます。





全体的に言えば3Dゲームを3D立体視で遊ぶには非常に現行では

お金が掛かる事である事が解った。

しかし、1年ぐらいには市場の流れが速ければ3Dデームを3D立体視で見て

遊ぶ事が可能であり、広まる可能性もありうると思います。


FPSゲームみたいな瞬時に必要な動作が必要なゲームには不向きでしょう。

タルタロスやドラゴンネストと言ったコントローラーパット系の

ゲームには相応しいかもしれません。

ちなみに、ネットゲームではチラシには

AION、ファンタジーアース ゼロ は快適に見えるらしい事が書いてあります。

公式にて対応ゲームは幾つかのってます。

公式にて確認されているゲームの一覧

ほとんどオフゲームだと思う。



NVIDIA 3D Visionを使用すると、もしかしたらまた違った面白さが出ると思います。

反面、不向きなゲームもあったり、好きなゲームによっては使えない可能性も。

NVIDIA 3D Visionのバージョンしだいで可能になって行くと言う事も視野に入れると、

まだ先で良いと言う結論が出ます。


もしパソコンを買い換えてみようか?

ディスプレイをそろそろ変更しようか?

などを考えてる人は3D立体視も購入目安の1項目に入れてみてはどうでしょうか?



ちなみに27日かな?NECが3D映像表示対応のパソコンを発売をするとか言う記事が新聞に載ってました。

スポンサーサイト
編集 / 2010.05.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
お願い!

初回にコメントをする方はお手数ですがURLの所にある【http】を消してコメントをお願いします。禁止ワードですと出て書き込み出来ない仕組みにしてあります。

リンクをご希望の方はコメントに【http】を外したURLをお載せ下さい。 

カウンター
プロフィール

彦ゑ門

Author:彦ゑ門
現在FF14に出撃中

右手には剣、左手にはカメラ
装備完了!

現在出撃中作品
FF14
 名前 未定 鯖 未定
タルタロス
 彦ゑ門(ガイア鯖 ロボ)
AION 
 彦ゑ門(伊豆鯖 魔族)
 課金切れ中
パンドラサーガ
 彦ゑ門(ファル鯖 連合)


出撃中止作品
プリウスオンライン
ドルアーガの塔
R2
ペーパーマン
SSの名前がある人は名前掲載の許可を取っている方です。
もし消し忘れなどが見つかりましたら、コメントにてご連絡して下さい。修正いたします。

LINK
AION関連リンク大募集中
著作権表示

タリタロス 

Copyright © 2009 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Copyright © WeMade Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved. 

Copyright © INTIVSOFT. All Rights Reserved.

 

AION 

The Tower of AION™ is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright © 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION™ in Japan. All rights reserved.

 

ブログ内検索
QRコード
俺のブログをいつでも携帯でチェック!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。